Facebook Twitter
automotive--directory.com

鬼ごっこ: 詐欺

詐欺 でタグ付けされた記事

オンラインカーディーラー取引に関連するさまざまな詐欺とその回避方法

投稿日: 10月 4, 2023、投稿者: Rudy Loendorf
今日利用可能なテクノロジーを使用すると、オンラインでも車も購入できます。 ただし、一部のオンラインカーディーラーは評判が良いですが、何らかの詐欺が現れる可能性があります。 次の段落では、オンラインカーディーラーの取引と詳細な方法に関連するこれらの詐欺の多くを強調して、1つの詐欺の犠牲者になることを学ぶことを防ぎます。 本質的に詐欺的なエスクローサービス 個人が自動車などの高価なアイテムをオンラインで購入する場合、頻繁にエスクローサービスを使用します。 エスクローサービスは、製品が所有者から配達され、顧客が受け取る前に買い手のお金を保持します。 そうして初めて、金額はエスクローから解放されます。 このアリーナの詐欺は、人が多数の自動車販売またはオークションウェブサイトのいずれかを使用してオンラインで購入したい車を見て、所有者に興味を伝えたときに発生します。 売り手は、関心のある買い手に一般的な種類の手紙を電子メールで送信し、認定エスクローサービスに資金が含まれていることを宣言します。 買い手が想定されるエスクローサービスに金額を送ると、車両は受け取られず、金額はすべての関係者、つまり所有者と偽のエスクローサービスと一緒に消えます。 オンライン詐欺の1つに獲物を倒すことから自分自身を守ることを試みるかもしれないいくつかの異なる予防策があります。 不正なエスクロー戦術から身を守るために自分を守るためにすべき最も重要なことは、それらを使用する前にエスクローサービスの正当性を徹底的にチェックすることです。 エスクロー会社が正当であることを確認するために、インターネットで検索するか、企業の提出物を使用して、エスクロー企業を見ることができます。 エスクロー会社を持つことはまったく正しくないかもしれないというもう1つの重要な指標は、会社が顧客に名前で顧客に通知さえしないアプリケーションレターを送信すると。 この要因は、他の人と一緒に追加すると、顧客が特定の会社との取引に注意するのに役立ちます。 バイヤーは、独自のエスクロー会社を使用して、この種の詐欺から身を守ることもできます。 彼らが知っているものは合法です。 そうすることで、顧客は、エスクロー会社が独立したエンティティになり、良い仕事を実行できることを確認するために支援しています。 ただし、特定のエスクロー会社を選択する前に、不法なエスクローカンパニーを自分で選択しないように、正当性についてフォローアップしてください。 最後に、人々が実際にエスクローサービスを使用して自動車購入を実行することに懐疑的である場合は、オンラインではなく他の場所で購入することを検討してください。 そうすることで、顧客は対面のトランザクションでよりリラックスしていると感じるかもしれません。 自然のオンラインオートトランザクションを完了する際に心配を完全に明確にすることはできませんが、これらのアイテムは、使用しているエスクロー会社が合法であることを確認することができます。 cashierの小切手 過去に個人に発生した別のオンラインカーディーラー詐欺は、キャッシャーの小切手詐欺かもしれません。 この不正行為は、売り手がオンラインカーディーラーのウェブサイトまたはオークションサイトを介して車やトラックを販売し、顧客が偽のレジ係の小切手で自動車に支払うと、あなたの車やトラックを販売すると発生します。 シナリオの結果は、所有者が1つの自動車を引いたものであり、それを示すお金が含まれていないことです。 オンラインで車両を販売したい販売者が、刑事行為の犠牲者になるために学習を駆り立てることができるいくつかの異なる方法があります。 不正なレジ係の小切手から身を守るための最初のソリューションは、レジ係の小切手をまったく受け入れないことです。 レジ係の小切手の受け入れを完全に排除することを選択できる追加のオプションが数多くあります。 オンラインで中古の自動車の売り手がレジ係の小切手に関連する詐欺を排除できるもう1つの方法は、銀行時間中に販売を完了することです。 そうすることで、中古車の所有者は、レジ係の小切手を発行した貸し手に電話して、小切手が実際に本物であることを確認できます。 電話を使用して数分かかるかもしれないものの場合、支払いが良いことを確認することは本当に間違いなく価値があります。 結論 合計では、多くのオンラインカーディーラートランザクションが間違いなく詐欺や詐欺を免除されることを再度説明することが非常に重要です。 ただし、これらのことが時々発生するデータをしばらくすることが非常に重要であり、それらに対する保護に役立つ方法を見つけることができます。...

走行距離計詐欺に関する一般情報

投稿日: 7月 8, 2023、投稿者: Rudy Loendorf
中古の自動車への投資を検討している個人にとって、おそらくほとんどの自動車やトラックの詐欺で最も高度に実行されている詐欺は走行距離詐欺です。 次の段落では、この種の詐欺と詳細な方法について、学習が走行距離計の詐欺の犠牲者になることを防ぎます。 defing Odmeter詐欺 Odoter詐欺は、使用済みのケアの売り手および/または所有者がタイトルの特定の走行距離計の読み取りを改善するための措置を講じ、 自動車走行距離計そのもの。 個人は、いくつかの異なる理由でこの種の犯罪を犯します。 しかし、個人が走行距離詐欺に参加する主な理由は、実際に自動車がより魅力的な走行距離計の読み取り値を持ち、より速く販売し、価格を上げることができるということです。 将来の自動車またはトラックの購入者は、走行距離計詐欺の存在を知っており、タイプの不正行為に敬意を表することから保護するために必要な予防措置を講じる必要があります。 走行距離詐欺を避けるために理由 多くの人は、走行距離計の数字が過度に心配するのではなく、走行距離計の詐欺という言葉を聞くかもしれません すでに変更されています。 将来の購入者が走行距離計の詐欺を心配すべきである理由がいくつかあります。 第一に、自動車での走行距離計が変更された場合、これは最終的に、より高価な修理が、より定期的に使用される自動車として、より定期的に使用される自動車として、最近の車両よりも早く機械的な問題を抱える可能性があることを意味することを意味するかもしれません。 第二に、自動車で走行距離計の測定値が変更された場合、真実が一般的にそうでない場合、売り手はおそらくより少ないマイルがあると思われる車に対してより多く請求する可能性があるため、個人は成熟した車にもっとお金を払う可能性があります。 走行距離計の犠牲者になることを防ぐための方法 [@@} 走行距離詐欺が実際に広まっている理由は、それが非常にあるという真実のためです 標準的な素人がこの種の違法性が場所を持っているかどうかを調べることは困難です。 しかし、個人が走行距離計の詐欺から身を守るために努力することができるいくつかのさまざまな方法があります。 何よりも、自動車の購入に先立って検査のために中古車をメカニックに持ち込むことです。 そうすることで、将来の買い手はすべてが正常に機能していることを確認することができ、自動車のコンポーネント全体がそのような走行距離を持っている自動車で見られるように行動することができます。 走行距離計の詐欺詐欺の加害者に自分自身を避けることを避けるためのもう1つの方法は、自動車の年代記について尋ねることです。 これは、将来の購入者が車についてさらに多くのことを発見するのに役立ち、実際に運転されている頻度から特定のことを識別する能力を持つことができます。 、ドキュメントに署名する前にタイトルを見始めるように頼む必要があります。 タイトルについて話すと、彼らは走行距離の開示を見始め、現在の読みが正確かどうかを判断することができます。 ODOMETOMER詐欺は本当に深刻な違反であり、将来の自動車やトラックの買い手が、タイプの犯罪の犠牲者を防ぐのを助けることができるようにするべきです。...

自動車ディーラー詐欺の例とその対処法

投稿日: 六月 5, 2023、投稿者: Rudy Loendorf
車の購入を見ているとき、彼らは、車やトラックの販売ロット、または個人の個人の代わりに、車のディーラーから車に投資している場合、彼らがルークされることから安全であると信じるかもしれません。 これは完全に真実ではありません。 一部の自動車ディーラーは良い方法でビジネスを行うことができますが、さまざまなディーラー詐欺を使用して車両を販売したり、より費用のかかる販売を獲得できるようにするというプレッシャーに屈する可能性のあるものを常に見つけることができます。 次の段落では、これらのディーラー詐欺の多くを強調します。 複数の広告料金 消費者が広告料金を検索しなければならない1つのディーラー詐欺。 ほとんどの自動車メーカーは、ディーラーに出荷する場合、これらを工場の請求書に追加します。 ただし、広告料金を二重に購入する必要があると認識されることがあります。 この種の詐欺を打ち負かす究極の方法は、消費者が支払わなければならない全額に含まれる広告料金について問い合わせることです。 購入者が支払った購入価格に広告料金がある場合、この料金が工場の請求書に請求されたかどうかをディーラーに尋ねる必要があります。 ディーラーの対応を単に受け入れるだけでは十分ではなく、広告料が最近主要な請求書に含まれていないことを確認するために、工場の請求書を見始めるように何かを求める必要があります。 市場調整手数料 市場調整料は、自動車ディーラーが特定の形式の人気車両のコストに追加する追加料金です。 これは通常、在庫をすばやく歩き回る車両で発生し、このタイプのホットアイテムであるということで、自動車ディーラーはこの追加料金を自動車購入価格に追加することで正当化されます。 真実は、車がどれほど人気が​​あるかに関係なく、買い手がMSRPの上にカバーしなければならない理由はまったくないということです。 この種のディーラー詐欺を回避するために、MSRPで支払わないことが最も簡単な方法です。 MSRPよりもはるかに多くを支払うことで、自動車購入者は、この種のディーラー詐欺は大丈夫ではないと言っているということです。 QUOTEと実際の価格は大きく異なります 消費者が自動車に支払う量の量を認識しなければならない別のディーラー詐欺。 将来の自動車購入者がすでに全額購入の収集価格を引用されている場合がありましたが、座って書類に署名する時間とエネルギーが来たとき、引用されたものと最終的に請求されているものとの間に大きな矛盾があります。 人は、引用されているものが、時間とエネルギーがサインに関係しているため、書類にある正確な数字である可能性があることを確認することで、これが発生するのを防ぐかもしれません。 これにより、ディーラーの従業員は、あなたがビジネスを意味し、見積価格よりもはるかに多くを支払うことができないことを理解させることができます。 セールスアソシエイトにこの種の声明を作成すると、トーンが設定され、この方法で利点が研究されないことがわかります。 詐欺とリースの購入 個人が自動車のディーラーに向かうと、車をリースするか、それを完全に購入したいかどうかはおそらく知っているでしょう。 車をリースすると、通常は2年間の期間、それを展開しています。その後、期間制限が上がったら自動車を返すことができます。 あるいは、人が車を購入すると、通常は毎月車を購入し、支払いがすべて行われた後、自動車を完全に所有することができます。 ただし、定期的に個人は、車両を選択しようとする自動車選択プロセスを受け、最終的には引用されているコストが車をリースするための書類に署名することに関して学習できます。 最悪の場合のシナリオでは、多くの人が契約を徹底的に読んでいない書類に署名し、後で購入者が購入者が1つを追求したいという知識があるときに詐欺が行われたため、購入書類の代わりにリース文書に署名したばかりであると判断しました。 他の車両の獲得。 ディーラー詐欺の種類の犠牲者であることを防ぐための最も簡単な方法は、それらの前に置かれているすべての文書を徹底的に読むことです。 買い手の欲求に応じて、文書がリースの代わりに購入書類であるか、その逆であることを確認することが非常に重要です。 これは、タイプの詐欺が発生しないようにするのに役立ちます。 多くの自動車ディーラーが良い方法でビジネスを行っていることが非常に重要です。 ただし、発生する可能性のあるディーラー詐欺の可能性に関して警戒することが常に重要です。 これにより、自動車の購入体験ができ、それが可能であるため、ほぼ同じくらい公平になります。...